2018年02月01日

近江ちゃんぽんがケンミンショーで紹介され全国的な彦根のソウルフードに。


A0D273C1-64D2-444E-8E3E-1D094D3806F8.jpeg

近江ちゃんぽん(ちゃんぽん亭)がいつの間にか滋賀県のご当地B級グルメになっています。

私は彦根市民ですが、小さな頃から「をかべ」として親しんできて「ちゃんぽん」と言えば「をかべ」のちゃんぽんしか想像できませんでした。

「をかべ」のちゃんぽんと言えば彦根の人はみんな分かる彦根市民のソウルフードです。

全国的には「長崎ちゃんぽん」が普通で豚骨系スープにたっぷり野菜が有名なんですよね。






たっぷり野菜なら「近江ちゃんぽん」も、負けていません。

B4D4FAF6-C6B0-4F03-805E-4A5230F8491D.jpeg

スープは鰹節や昆布の魚介系あっさりスープで黄金スープとも呼ばれています。

これが激ウマなんです。野菜は6種類(キャベツ、ニンジン、キクラゲ、豚肉、ネギ、もやし)が入っていてキクラゲも大振りで食べ応えがあります。

学生時代の最高の組み合わせ


私も学生時代部活帰りには彦根駅前の「ちゃんぽん亭」(当時は「をかべ」)に立ち寄りちゃんぽんの並とライスを食べて空腹を満たしていました。

今はライスは無いのですが、このセットで頼むとちゃんぽん大よりも少しだけ安く、ちゃんぽん大よりも腹いっぱいになったのでこのオーダーで食べていました。

あと野菜もたっぷりなので、その野菜でライスも食べられるので自分自身最高の組み合わせでした。

そう言えば「をかべ」の時にはちゃんぽんの特盛やおにぎり、学生中華などの地元の食堂的なメニューもたくさんありましたよね。「カレーちゃんぽん」が出てきたときは少しビックリした記憶があります。



近江ちゃんぽんが全国的に


彦根だけだった「をかべちゃんぽん」が「ちゃんぽん亭」の彦根ちゃんぽんになって滋賀県のB級グルメにしようと「近江ちゃんぽん」名前がかわって県外にも店が展開しています。よく見かけるのがショッピングモール内のフードコートで見かけます。今では東京にもあるようです。

そして今では「ケンミンショー」などのテレビでも取り上げられ、全国的に知られつつあります。「ひこにゃん」に並ぶ彦根の「近江ちゃんぽん」が全国的に受け入れられたら彦根市民としては嬉しい限りです。

近江ちゃんぽん。滋賀県彦根発祥の野菜たっぷりあっさりスープ。長崎ちゃんぽんとは全く違う。

彦根に来たら一度食べてみてくださいね。






posted by こうじ at 12:19| Comment(0) | 滋賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。